今の時代、健康補助食品として高く評価されているサプリメント。毎日の生活で蓄積されている【疲労】。そんな慢性的な疲労の解消に良いと言われているのが【アミノ酸】。しかし体に良いとはいえ、過剰な摂取は逆効果となりますので【一日の摂取量】には注意が必要です。

今、一般的に効果があるとされるアミノ酸のサプリメントにも副作用はあるのでしょうか。その役割について考えてみましょう。体を構成する材料の中にたんぱく質があります。そのたんぱく質を構成するために必要不可欠な成分と言えば理解できるでしょうか。

そんなアミノ酸が豊富に含まれているサプリメン利用されている方が最近、目立ってきています。今、話題にあげられているのが【ダイエット効果】との関係です。これらのサプリメントは単体としても使用可能ですし、黒酢やもろみ酢、プラセンタなどとの併用で相乗効果を考えられても良いのではないでしょうか。一般的に報告されている文献や発表資料の中では、副作用の心配はないとされています。

過剰に摂取されたアミノ酸は体外に排泄されるようになっているようです。しかし過剰摂取時の代謝に関わる臓器は肝臓や腎臓です。少なくとも負担になっていることには間違いありません。持病として肝臓や腎臓など内臓障害をお持ちの方や、妊娠中や授乳中の方は服用量に関しては十分な配慮が必要です。

また体内で代謝できない過剰なアミノ酸はグリコーゲンや脂肪として合成利用されますし、運動不足が加わるとさらに太りやすくなります。過剰な摂取は危険なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です